スポンサーリンク

2021年6月10日為替FX今日の相場予想 7通貨ペアP &F分析

今日の相場

おはようございます。くりです。
このブログに来てくださって感謝します。
P &F(ポイントアンドフュギュア)で分析しています。

※このブログを読むにあたり、投資判断は自己責任でお願い致します。
GMOクリック証券【FXネオ】の終値を参考にしています。

P &Fは1通貨ペアに対して、10pt枠・20pt枠・50pt枠・100pt枠で作成。※1pt=1pips
売買シグナルは、主に10pt枠・20pt枠を採用しています。

6月9日の記事はこちらから。

USD🇺🇸/JPY🇯🇵 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

6月4日点灯 10pt枠 110.70円

5月28日点灯 20pt枠 111.40円

5月27日点灯 10pt枠 110.60円

5月12日点灯 10pt枠 110.60円

5月12日点灯 20pt枠 111.60円

<売りシグナル・ターゲット>

6月7日点灯 10pt枠 108.20  

5月20日点灯 10pt枠 107.60円 ダマシ判定

<強気支持線・サポート>

109円

<弱気支持線・レジスタンス>

なし

USD/JPY 考察・戦略

若干、円が売られている模様。高値をトライする程の勢いはなさそうです。

今夜、21:30からアメリカCPI(消費者物価指数)の指標発表があります。先月5月12日に発表された指標は、前年比4.2%と上昇。予想を大きく上回る数値が出ました。

この指標が発表された後、FRBのリラリダ副議長は「さらに上昇した後、今年後半に落ち着いていく」と述べています。一時的なインフレだと言う事ですね。この事を踏まえると、今回の指標で更に高い数字が出る可能性が高いと言えそうです。

予想値も高く設定されていますので、過度に構える必要はないのかなぁと思っております。

同時刻にECBがありますので、注意すべき所はこちらなのかもしれません。相場全体的に様子見ムードです。淡々とブレイクした方向についていくだけです。

ドル円は、109円のサポートが重要な節目となるか?

日足の終値で109.20円を割り込んで引けると売りシグナルが点灯します。その場合、このシグナルが出た付近、109.10円の水準がサポートとなるかが焦点です。

P &Fはシグナルが出た付近がレジサポとして機能することがあります。109円に強気支持線があることから、その可能性があると言えます。

更にその下は、108.60円を割り込んで引けると新たに売りシグナルが点灯します。

チャートの形状を見ると、トレンド転換する可能性が高くなると思われます。

EUR🇪🇺/USD🇺🇸 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

5月25日点灯 10pt枠 1.2310ドル ダマシ判定

5月20日点灯 10pt枠 1.2310ドル ダマシ判定

5月18日点灯 10pt枠 1.2250ドル ダマシ判定

5月18日点灯 20pt枠 1.2340ドル 

5月7日点灯 20pt枠 1.2320ドル 

5月7日点灯 10pt枠 1.2170ドル 5月7日達成

<売りシグナル・ターゲット>

6月3日点灯 10pt枠 1.1940ドル

5月4日点灯 10pt枠 1.1890ドル ダマシ判定

<強気支持線・サポート>

1.2140ドル

1.2120ドル

1.2080ドル

<弱気支持線・レジスタンス>

なし

EUR/USD 考察・戦略

今日もP &Fに変化なし。一時的に1.2200ドルをトライしましたが、しっかりと戻されています。

先日も述べたように、上限1.2220ドル、下限1.2160ドルの狭いレンジとなっています。

強気支持線があることから、買い優勢の見方を維持します。しかし、この支持線を割り込んできたら要注意。しっかりした調整が入ると思われます。

EUR🇪🇺/JPY🇯🇵 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

134.60円 10pips枠 5月25日点灯

132.80円 10pips枠 5月7日点灯 5月14日達成

133円 20pips枠 5月7日点灯 5月18日達成

<売りシグナル・ターゲット>

なし

<強気支持線・サポート>

133.20円

133円

131.20円

<弱気支持線・レジスタンス>

なし

EUR/JPY 考察・戦略

勢いはありませんが、切り返してきました。今朝、強気支持線が出現。133.20円の水準です。133円の水準にも支持線がありました。

これで強気支持線が3本となります。買いが優勢の展開となりそう。

新たに買いシグナルを発するには、134円を上回る必要があります。現状、それほど勢いはありません。今夜の指標でレートが一気に跳ぶ可能性を念頭に置いておきたい。

GBP🇬🇧/USD🇺🇸 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

5月31日点灯 20pt枠 1.4340ドル

5月27日点灯 10pt枠 1.4330ドル

5月18日点灯 10pt枠 1.4220ドル 5月21日達成

5月18日点灯 20pt枠 1.4340ドル 

5月7日点灯 20pt枠 1.4340ドル 

5月7日点灯 10pt枠 1.4080ドル 5月10日達成

5月7日点灯 20pt枠 1.4120ドル 5月10日達成

<売りシグナル・ターゲット>

1.3950ドル 10pips枠 6月3日点灯 ダマシ判定

<強気支持線・サポート>

1.4110ドル

<弱気支持線・レジスタンス>

なし

GBP/USD 考察・戦略

先日、ポンド売りの兆候が出ていると述べましたが、昨日はしっかりと売られています。

1.4100ドルにあった強気支持線が、P &Fのチャートが横にずれたことで機能しなくなりました。

残るは1.4100ドルの支持戦のみ。この付近の攻防に注視します。重要な節目となりそうです。

1.4100ドルを割って引けると、トリプルボトムの超強気のチャートパターンを形成します。その場合、300pipsほど下落する可能性があります。これは取りたい!

GBP🇬🇧/JPY🇯🇵 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

6月9日点灯 10pt枠 153.60円 NEW

5月27日点灯 10pt枠 155.90円 5月27日達成

5月27日点灯 20pt枠 157円 

5月14日点灯 10pt枠 156.20円 

5月7日点灯 10pt枠 153.20円 5月10日達成

5月7日点灯 20pt枠 153.20円 5月10日達成

<売りシグナル・ターゲット>

なし

<強気支持線・サポート>

154円

<弱気支持線・レジスタンス>

155.30円

GBP/JPY 考察・戦略

今朝、売りシグナルが点灯。ターゲットは153.60円の水準です。

サポートとなる強気支持線は154円の水準。ここで踏ん張れるかが焦点です。

更に、今朝出たターゲットに達成すると、新たに売りシグナルが点灯します。その場合、調整を通り越してトレンド転換する可能性があります。

ポンドは重要な節目に来ていることが窺えます。

EUR🇪🇺/GBP🇬🇧 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

なし

<売りシグナル・ターゲット>

5月27日点灯 10pt枠 0.8490ポンド 

5月10日点灯 10pt枠 0.8530ポンド 

5月10日点灯 20pt枠 0.8260ポンド 

5月4日点灯 10pt枠 0.8550ポンド 

<強気支持線・サポート>

なし

<弱気支持線・レジスタンス>

0.8620ポンド

0.8610ポンド

EUR/GBP 考察・戦略

支持線付近で売らなくてよかった。今朝、上記の弱気支持線を超えてきています。

0.8620ポンドをしっかり超えてくると、買いシグナルが点灯します。その場合、0.8800ポンドのターゲットが算出することができます。

動くなら今夜ですかね。

AUD🇦🇺/USD🇺🇸 P &F分析

<買いシグナル・ターゲット>

6月7日点灯 10pt枠 0.7830ドル 

<売りシグナル・ターゲット>

5月28日 10pt枠 0.7630ドル

6月3日 10pt枠 0.7620ドル

6月3日 20pt 0.7640ドル

<強気支持線・サポート>

なし

<弱気支持線・レジスタンス>

0.7740ドル

AUD/USD 考察・戦略

0.7739ドルでショート中。弱気支持線は切り下がり、0.7740ドルの水準です。

日足のMACDがゴールデンクロスにならず。売り方優勢が続く見方を維持します。

しかし、6月7日に買いシグナルが点灯していますので、レートが一気に跳ぶ可能性があることを念頭におく!

コメント

タイトルとURLをコピーしました