スポンサーリンク

2021年2月1日 日経平均、NYダウ、は何処まで下がるのか? P &F分析

今日の相場

こんばんは。くりです。
このブログに来て下さって感謝します。
※このブログを読むにあたり、投資判断は自己責任でお願い致します。

インデックスが、とうとう崩れて来ましたね。P &F分析で下落目処をまとめました。

当たるかどうかは別として、ターゲットに到達する可能性があることを念頭に入れてトレードすることで、リスクヘッジが効きますので、大きな損失を回避することができます。ここがP &F分析のメリットと言えます。

また、、P &F分析のターゲットの計算方法は、垂直カウントと、水平カウントがあります。この計算方法は、弾道学から応用されています(鉄砲の弾を飛ばす飛距離を測る)。

P &F分析の詳しい事は、ここでは割愛します。ご自身でお調べ下さい。尚、文献はかなり少ない模様。

※●は売りシグナル、✖︎は買いシグナル、「T」はターゲット、「+」は抵抗線です。

 

日経平均の見通し

1月28日に、●の売りシグナルが点灯。ターゲットは、27000円の水準。

今までの経験上、比較的早くターゲットに到達する可能性が高い思います。もちろん、反発を含みながら下落していくイメージです。

最悪の事態を想定するならば、27000円のターゲット到達後、300円以上反発してから27000円を割り込んだ場合。

その場合は、25500円のターゲットが点灯します。

NYダウの見通し

NYダウは、30300ドルまで下げて、一時、30600ドルまで反発。その後、30000ドルを割り込んで●売りシグナル点灯。

ターゲットは、27900ドル2400ドルほど下げる、下落エネルギーが溜まっていると言えます。

日経平均と同様に、27900ドルのターゲット到達後、300ドル以上反発し、再び27900ドルの水準を割り込むと、25500ドルのターゲットが算出されます。

まとめ

  • 日経平均の下落目処は、27000円。
  • 日経平均の最大下落目処は、25500円。
  • NYダウの下落目処は、27900ドル
  • NYだうの最大下落目処は、25500ドル。

 

偶然にも、最悪の事態を想定した最大下落目処が、日経平均とNYダウが同じ水準のターゲットが算出されます。うーん、こんなの初めてだワン。

コメント

タイトルとURLをコピーしました