スポンサーリンク

2020年9月15日今日の相場

今日の相場

おはようございます。くりです。
このブログに来てくださって感謝します。

菅自民党総裁誕生のニュースに、相場はピクリとも反応しませんでした。やはり注目は16日(水)に控えている日銀金融政策発表か。17日(木)にはFOMCもありますので波乱の予感です。

米株強いですね。NYダウ+1.87%の上昇。S &P500は勢いなく、何とかプラスで引けようとしています。

S &P500はメガホンパターン形成か?このパターンが成立するのであれば、3月の最安値2191ドルを目指す形になります。

米中対立、大統領選も控えています。コロナの影響でキャッシュアウトする企業が出てくれば、パニック売りが出る可能性があることを念頭に入れておきたいですね。

仮に現物を保有して含み益が出ているなら、主要インデックスでショートを入れてリスクヘッジするのが吉。CFD取引であれば、先物取引のようにSQ期日がありませんので、ショートポジションを継続して保有することができます。

今日の戦略

USD/JPY

105.79円でショート中。円高目線を維持。ロスカットは106.60円。

105円で下げ止まる様であれば、一旦利食い。

EUR/JPY

125.02円でショート中。短期的に円高、中長期的には円安。ロスカットは126.60円。

USD/JPY

NYタイムで円高基調へ。明確なトレンドが出るまでに至らず。今日は五十日ですので、午前中にはドル買いが入るか。

昨夜はリスクオン相場で米株が買われる中、円高へ。少し違和感を感じる動きでした。相場に歪みが出ている兆候です。

105.79円でショート中。ようやく利が乗ってきました。やれやれ。

焦点は105円をこなせるかどうか。きっちり割ってくる様であれば、下落トレンド確定。今までのレンジ期間を考えると、結構きつい円高になるのではないかと考えています。

今週、大きな動きが出ることを期待。

EUR/USD

相変わらず方向感がない動きです。

1.1760ドル〜1.1900ドルのレンジ相場。ポジションメイクの妙味なく、もどかしい状況です。

EUR/JPY

125.02円でショート中。ドル円に引っ張られ円高基調へ。

うーん。ショートポジションのコストが高かったか。反発する様であれば、一旦ロスカットもありか。

下値は9月8日の安値124.80円を割り込めば、面白い展開に。122円〜123円台を目指す形になります。

P &Fのチャートでは、明確に売りシグナルが出ている状況ですので、円高を期待したいです。

GBP/JPY

ようやく下げ止まった形になりましたが、もうひと段落下落するイメージでいます。

具体的には135円〜135円前半。リスクリワード的にコストが高いので、ただチャートを眺めているだけですが。こうゆう時に、よく予想が当たるんです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました