スポンサーリンク

2020年9月1日今日の相場

今日の相場

おはようございます。くりです。
このブログに来てくださって感謝します。

今日から9月です。8月は負け込んでしまいました。無駄なトレードが多すぎたことが原因です。ポジションメイクするタイミングをもっと欲張って引き寄せて、無駄なトレードを少なくしていく必要があります。

トレードが多くなったのは、監視通貨を増やしたことも一因かな。

しばらく、USD/JPY EUR/USD EUR/JPYの監視を強めたいと思います。

 

今日は、重要指標が目白押しです。注目したいのはオーストラリア。AUDは上昇トレンド中のなか、失業率、経常収支など重要指標があります。

ファンダメンタル的には中国との関係悪化。こんなニュースがありました。相場に影響はないものの、米中対立している状況を考えるときな臭くなってきました。

オーストラリア、国家によるサイバー攻撃被害 首相が発表 - BBCニュース
オーストラリアのスコット・モリソン首相は19日、同国の政府や公的機関などが、国家による高度なサイバー攻撃を受けていると明らかにした。

 

それでは今日も張り切っていきましょう。

今日の戦略

  • USD/JPY ショート中。押し目があれば断続的にショート。
  • EUR/USD 1.1965ドル デイトレショート 越えればドテン買い
  • EUR/JPY 夕方の指標で動きたい。
  • TRY/JPY ショート中。ターゲットは13円台。

USD/JPY

チャート形状的には円高トレンド発生かと思わせといて、反発している状況。ネット上では、あまり円高リスクは少ないと言われています。確かに、有事の円高という訳では無そうですが、方向的には円高基調と思います。

昨日、105.38円でショート参戦。105.65円でショート積み増し。ロスカットを106円前半に置いてます。105.38円のポジションはコスト高でロスカット。

106円上抜けて来ても断続的にショートを入れていきます。ロスカットは106円台後半。

円高ターゲットは104円台の見方は変わりません。

EUR/USD

8月18日の高値を超えきれず、ダブルトップの形になりました。しばらく高値をトライしにいく展開が続くと思われます。

1.1965ドル付近で、短期的にショートを入れてみても面白いかもしれません。超えたらドテン買い。

EUR/JPY

昨日は力強く持ち直しました。一旦、上昇は終わりかと思いましたので。

今日の18:00から失業率、PM I、消費者物価指数など指標がありますので、動くとするならばその後。

サプライズがあれば128円までサクッと上がるかもしれません。

TRY/JPY

先日、こんなツイートをしたのですが。

テクニカル的にもファンダメンタル的にも赤信号。13円台は免れないかと思い、昨日14.38円でショート参戦。スプレッド、スワップのコスト高すぎ。できれば短期決着したいと思います。

うーん、無駄なトレードではない!

CFD

塩漬け状態で、チャートは見たくありません。いずれ大きな調整が来ることを期待しています。

 

デワデワ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました