スポンサーリンク

2020年8月6日 今日の相場

今日の相場

おはようございます。くりです。
このブログに来てくださって感謝します。

昨夜、アメリカADP雇用統計は急鈍化。今週7日の雇用統計がどうなる事やら。

米ADP民間雇用、7月は16.7万人増に急鈍化 回復早くも息切れか
企業向け給与計算サービスのオートマチック・データ・プロセッシング(ADP)とムーディーズ・アナリティクスが5日発表した7月の全米雇用報告は、民間部門雇用者数の伸びが16万7000人と、前月の431万4000人から急鈍化した。市場予想の150万人も大幅に割り込み、景気回復が早くも息切れしている兆候を示した。

アメリカISM非製造業総合景況指数は、予想を上回る好結果でした。
金は高値をさらに更新。銀も上げてきています。アメリカ国債は歴史的に金利が低水準に。
何で資産運用するべきか、難しい相場ですな。

今後のトレードの方針としては、デイトレを控えてスイングトレードを中心にしていきます。トレード回数を減らす分、分析に力を入れていこうかと。また、主にドル円、ユーロを監視していましたが、監視通貨を増やしていこうと考えています。

チャンスはいくらでもやってくるから、ここは焦らず。

 

ドル円

昨日は、五・十日でしたね。仲直決済はドル売り優勢で105円半ばまで下落。
ADP雇用統計後も、方向感のない動きへ。このままズルズル下がるのか?レンジ形成を期待。

ユーロドル

昨夜、指標の結果を受けて1.1900ドルをトライするが攻めきれず。今朝は、1.1800ドル半ば。

うーん、7月30日の高値を超えてきたところで、ロング参戦といきたいところですが、1.1900ドルのレジスタンスが気になる。また、今週雇用統計を控えていることから無理はしたくない。結果、様子見。

ユーロ円

しっかりと、125円台に乗せてきました。先日、124円半ばでロングして、ビビって撤退。反省ですわ。125円台でウロウロするんではなかろうかと思っております。レンジ形成を期待。

豪ドル・ドル

ドル安再開ということもあって、0.7200ドルをしっかり超えてくるようであれば、妙味ありか。

タイミングが合えば、ロングを検討しています。

 

 

日経平均

日経CFD平均22247円でロング中。引き続き22500円のレジスタンスを超えないと踏んでホールド。

NYダウ

27000円を超えてきましたね。昨夜は指標があった頃から、逆張りをやめました。ナイスジャッチでしたね。
6月8日の高値、27580円が意識される展開へなるか。

デワデワ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました