スポンサーリンク

2020年10月5日FX今日の相場

今日の相場

おはようございます。くりです。
このブログに来てくださって感謝します。

先週末は、雇用統計、トランプ大統領新型コロナ感染と忙しい週末でした。

雇用統計は、失業率が10.2%→8.4%と改善。非農業部門雇用者数は+137万人。市場はドル買いで反応。今まで、金融政策で押し上げて来た相場です。ここで指標が改善されると、追加経済対策が打ち止めになる可能性があります。また新型コロナで受けた打撃は残ったまま。株価は下落するとも考えられます。

先週、トランプ大統領新型コロナ感染によって一時NYダウは−400ドル下げる場面もありました。報道によると、もう退院できる状態ではあるらしいですが。

米大統領選まで一ヶ月を切っています。
これからますますボラティリティーが高くなって来ますので、気を引き締めていきましょう。

今日の戦略

USD/JPY

今日、反発場面があればショート参戦予定。

ポジション:ノーポジション

ターゲット:105円割れ 強気で104円付近

ロスカット:105.70~80円

EUR/USD

1.1740ドル〜1.1700ドルのレンジブレイクについていく。ドル買い基調の見立て。1.1740ドル付近で逆張り。超えたら即ロスカット。

ポジション:ノーポジション

ターゲット:レンジブレイクの場合、上下とも100pips 強気で150pip

ロスカット:レンジのちょっと外に置く。

EUR/JPY

ポジション:123.87円でショート中。

ターゲット:122〜122円前半

ロスカット:124.50円

USD/JPY

先週、ショートを売り増し。105円付近で一部を利確しいようとしたら、いつもの癖で全決済ボタンを押してしまいました。

うーん。もったいない。

見方は引き続き円高目線。105円割れが定着すると考えています。上値は、105円後半で定着すると短期的に円安となる可能性も。その場合は106円後半から107円まで伸びるかもしれません。

幸い、先週末は日足で長い下ひげをつけて引けています。今日、反発があればいつもよりLot数を上げて売っていきます。

EUR/USD

先週、短期的に上昇するかと思いきや、1.1700ドル半ばをこなせず前半で引けています。

1.1740ドル〜1.1700ドルの狭いレンジで推移しています。このどちらかを上抜けたら素直についていきたいと思います。基調としてはドル買い。1.1740ドルで売ってみるのも面白そうです。

EUR/JPY

123.87円でショート中。先週、123.40円で引けて売りシグナルが出ました。

ターゲットは強気で122円。騙しだった場合は、124円前半まで反発する可能性もあります。ロスカットはそこら辺に置いて。

コメント

タイトルとURLをコピーしました